淫熟四十路マダム

淫熟四十路マダム2 後編 岡田裕美

淫熟四十路マダム2 後編 岡田裕美のパッケージ画像
公開日
2016年11月17日
レーベル
汁婆
監督
ジャンク斉藤
シリーズ
淫熟四十路マダム
出演者
岡田裕美
カテゴリー
巨乳

仕事帰りみたいな服装で現れる熟女。胸の膨らみが凄い。服の上から下着がスケスケ。下を脱がせてカメラ前でアナルを開いて見せる熟女。そこに男と指が伸びて愛撫施し背後にも回って形のいい巨乳を揉む。感じる女は男と唇を合わせ指マンで体のけ反らし潮を吹いてイッてしまった。ノリノリになった女は自らバイブをリクエスト、指マンにも悶える。もう我慢でいなくなった女はチンポを丁重に舐め69から騎乗位から挿入、堰を切った様に激しく悶えだし仕事のSEXを超えた本気の反応を見せる。

※国内パッケージ版販売時の作品タイトルは 【淫熟四十路マダム 2 岡田裕美40才】 です。

動画詳細はこちら »»

淫熟四十路マダム2 中編 岡田裕美

淫熟四十路マダム2 中編 岡田裕美のパッケージ画像
公開日
2016年10月27日
レーベル
汁婆
監督
ジャンク斉藤
シリーズ
淫熟四十路マダム
出演者
岡田裕美
カテゴリー
巨乳 / その他

風呂場にて男が浴槽の縁に立てたバイブを挿入して腰を上下する女。浴槽に入って男に後ろから巨乳をムギュっと掴まれネチネチ言葉責めも。脚を広げられてアソコに舌とでの愛撫を食らって絶叫、荒々しくされてもそれが好きなみたいだ。フェラを施しバックから肉棒で貫かれ、顔射を受けて満足そうな表情。その後男の舎弟みたいな若造の一物もフェラ奉仕し、今度は後背騎乗位から挿入。好きな男に見られている事がまた興奮に繋がり、潤んだ目で舎弟を見つめながら激しいピズトン食らい、腰が立たなくなるくらいに感じてしまう…。

※国内パッケージ版販売時の作品タイトルは 【淫熟四十路マダム 2 岡田裕美40才】 です。

動画詳細はこちら »»

淫熟四十路マダム2 前編 岡田裕美

淫熟四十路マダム2 前編 岡田裕美のパッケージ画像
公開日
2016年9月21日
レーベル
汁婆
監督
ジャンク斉藤
シリーズ
淫熟四十路マダム
出演者
岡田裕美
カテゴリー
SM / その他

鶯色の和服着た人妻が知り合いの男に呼び出される。男はSM趣味。命令され着物の裾を持ち上げると下はノーパン、後ろを向いてアナルも見せる。男が手にしたバイブで責められ和服の上から緊縛、太腿にも縄掛けし脚を閉じれない様にされて無防御なそこを更にバイブで…。すっかり濡れてしまった人妻に浮気相手の命令を受けた若い男が絡んでいき、人妻もフェラで応える。漸く縄を解かれた人妻は69から正常位で貫かれ我慢できず大きな声で悶え、自分から積極的に求めていく。もう夫では満足できない体になってしまった…。

※国内パッケージ版販売時の作品タイトルは 【淫熟四十路マダム 2 岡田裕美40才】 です。

動画詳細はこちら »»

淫熟四十路マダム1 常盤響子

淫熟四十路マダム1 常盤響子のパッケージ画像
公開日
2013年4月3日
レーベル
汁婆
監督
ジャンク斉藤
シリーズ
淫熟四十路マダム
出演者
常盤響子
カテゴリー
その他

淫乱40女の常盤響子さんが素肌にパンスト直穿きというHな恰好でお風呂場に現れる。股間や大きなお尻を視姦されて悶え悦ぶ響子さん。そのままお風呂に入った後ローターをパンストの中に入れられオマンコ刺激されて「イク~」と叫びつつ腰を持ち上げる。四つん這いになった後からパンストを破き男優がオマンコの匂い嗅ぎ、脚を開きそこを晒したまま指マン、クン二されて3P。既に準備万端状態の響子さんはもう何をされてもいいって感じ。卑猥言葉延々と吐きながら二本分のザーメンを口内発射される。

※国内パッケージ版販売時の作品タイトルは 【淫熟四十路マダム 1 常磐響子44才】 です。

動画詳細はこちら »»

淫熱四十路マダム1 前編 常盤響子

淫熱四十路マダム1 前編 常盤響子のパッケージ画像
公開日
2013年3月20日
レーベル
汁婆
監督
ジャンク斉藤
シリーズ
淫熟四十路マダム
出演者
常盤響子
カテゴリー
その他

育ちが良さそうで知的なイメージも漂う40代女性が出演。容姿だけなら30代でも通りそうだ。両手両脚を縛られベッドで大の字になった若い男のチンポをフェラ、乳首リップは顔騎なども繰り出しオモチャ扱いにして楽しそう、手コキで発射させる。夫の部下と浮気している人妻と言う設定で衣服を剥かれて肌を露わにし、乳首舐められストッキングを破られてクン二、丁重なフェラを施しハメられる。ハメられている時の顔は娘ぽく見える瞬間もあり、性的感受性もまだまだ若そうである。

※国内パッケージ版販売時の作品タイトルは 【淫熟四十路マダム 1 常磐響子44才】 です。

動画詳細はこちら »»